最低賃金の引き上げが発表されました

query_builder 2021/08/16
ブログ
店舗

2021年10月より

厚生労働省は8月13日、2021年10月より最低賃金を引き上げると発表しました。

2021年度の都道府県別最低賃金(時給)は、全国加重平均で前年度比28円増の930円となり、上げ幅は過去最大。国の審議会が目安として示した全国一律28円を7県が上回り、今回初めて、全都道府県で時給が800円を超えました。全国平均930円で28~32円の引き上げとなりました。

28円を超えたのは青森、秋田、山形、鳥取、島根、佐賀、大分の7県。島根は目安額に4円、秋田と大分は2円、青森など4県は1円、それぞれ上積みを決めました。労働力の流出を防ぐため、都市部などとの賃金格差を縮める狙いがあったとみられます。

 

最高額は東京都の1,041円で、最低額は高知、沖縄両県の820円。金額差は221円で現行から変わりませんが、最高額に対する最低額の割合でみた格差は縮小します。

全国で1,000円を超えたのは東京都と神奈川県のみ。

東京都の隣接県の最低賃金は 

神奈川県1,040円、埼玉県956円、千葉県953円 山梨866円となりました。

 

<雇用調整助成金特例の再々延長も検討>

最低賃金の大幅引き上げに新型コロナウイルス感染拡大で業績の厳しい中小企業から反発があり、激変緩和措置として雇用調整助成金の特例の延長が12月まで延長される見込みです。

NEW

  • 最低賃金の引き上げが発表されました

    query_builder 2021/08/16
  • 雇用調整助成金の要件について

    query_builder 2021/07/14
  • 記事が掲載されました

    query_builder 2021/07/13
  • 65歳超雇用推進助成金について

    query_builder 2021/05/19
  • 2021年4月1日施行 70歳までの就業機会確保措置とは

    query_builder 2021/05/12

CATEGORY

ARCHIVE